過程相

過去相も現在相も決定相ではなく過程相に過ぎないということです。

今、逆境でも悲観することはない。

逆に今順調でも有頂天になってはいけない。

あくまで一時期の姿に過ぎないのだから。

こういった考え方は心を落ち着かせるためにはとても大事ですね。

光洋社印刷株式会社 米花正晃

card_baner

カテゴリー: 未分類 パーマリンク